Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
app | おうちまなび

さわって動く!生き物のしくみ図鑑「タイニーボップの哺乳類」がスゴイ!

生き物の体って、とても不思議です。 人間は酸素を吸って、二酸化炭素を出して…ということを知識として教えることはできても、小さい子供たちにそのイメージを伝えることは絵本では難しいかもしれません。 でも、子供たちはとっても知りたがり。 猫は爪を出したり、ひっこめたりできるんだよ、と教えても、なんで?どうやって?という質問が何度も返ってきます。 そんな時には「タイニーボップの哺乳類」の出番! https://youtu.be/AY9uweW-fto 哺乳類の生態、骨格、筋肉、などを触って実感することができる、不思議な図鑑なんです。 見た目はちょっと怖い?のですが、例えばこの口のところに草やバナナを持っていくと、食べ物が歯ですりつぶされて、胃に入り、小腸大腸を経て排出される様子を目で見て知ることができます。 ゾウは草食なので、お肉をあげると怒ります。 心臓の動きも見ることができます。 下のような図をクリックすると、虎が走り出して、心臓の動きが早くなり、血流も盛んになることを知ることができます。 あとは骨格を知ることができるパズルや、いろんな動物の視力でカメラを通して自分の部屋を見ることが出来たり、動物たちの速さレースが出来たり…と、楽しい工夫がいっぱい! ゲームとしては少し物足りないのですが、図鑑としては素晴らしい出来! 設定から、全表記を英語にすることもできますので、英語の勉強にもなります。 「生きものになれる展」に行った方はぜひお試しあれ! 動物大好きなお子さんと、図鑑を触りながら色々話してみましょう。
もっと読む

英語で話すAIロボ「Musio X(ミュージオ)」が、お得に買えるクーポンはコチラ!

こんなもの欲しいな…と思っていた商品が、去年ソフトバンクから出ていました。 これまでかわいいロボットといえば、個人的に「ロビ」一択だったのですが、 この子もウォーリーの彼女っぽくて、なんだかかわいい。 Musio X(ミュージオ X) この子、何がスゴイって、英語で会話してくれるAIロボなのです。 イメージはこちらから。 https://youtu.be/0MMa-uxFdYo あら、かわいい。 お値段は10円万前後と、かわいらしくないけれど、ロビよりはお買い得。 肝心の音声の認識があまり早くないのと、正面液晶に表示される文例などが小さくてちょっと読みにくいことを除けば、流行りのスマートスピーカーより楽しくて役立つおもちゃになってくれるかもしれません。 AIなので、例えば「How are you?」と尋ねても、色々な回答を出してくれるようです。 このフォルムならきっと小さなお子さんも飛びついてくれるので、せめて文例にはフリガナがほしかったなぁ…。 英語で語りかけをしたいけれど、英語が苦手、という親御さんにはぴったりかもしれません。 先日「教育ITソリューション」に行った際にクーポンが配布されていました。 下記サイトで購入される際に「EDIX」と入力すると、18年5月31日まで15%オフで購入できるそうです。 教材つきの方なら、19200円割引になるので、狙ってた方はお試しあれ! ちょっと高いなぁ…という方は、Google home miniを英語設定にして使えば、1万円以下で同じようなことができる…気もします。
もっと読む

英語の絵本25000冊が、月960円!!「epic!」が有能すぎてクラクラする。

タイトルで全部言いたいことは言い切りました。 「epic!」が凄すぎて、頭クラクラします。 英語絵本が好きな皆様。はい覚悟してー。 はい、黙ってこちら開いてー。 https://www.getepic.com/ エリックカールが!Good night moonが! クリフォードとかビスケットとか、なんとナショジオキッズのあの本まで!! 本だけじゃなくて、動画も、オーディオブックもぜーーーーんぶ! ぜーんぶ読み放題で、月額960円です。 しかも初月無料。 日本からのアクセスだと使えないみたいですが アメリカだとサイバーマンデーのセールで、 「STUFFED 」というコードを入力すると、2か月無料になるそうです。いいなー。 いや、やっぱりいいよ。払う。960円くらい払わせて下さい。 ちょこっと使ってみたんだけど、↑のように個人画面も見やすくて 履歴や読書時間をレベルで表してくれたり、PS4のトロフィーみたいにかわいいバッジをバシバシくれたり。 おまけに本を読んだ後に、内容理解のちょっとした4択クイズまで出してくれる。 なにこの、至れり尽くせりおもてなし機能は。 本好きな方も、そうでない方も。ぜひどうぞ!
もっと読む

【英語アプリ】昔の地球と今の地球の生き物がわかる!「Dino walk」

遥か昔。 地球の大陸がまだひとつだったころ。 そこにはどんな動物がいたんでしょう? 大陸が徐々に分かれていく過程と、その間に進化していく動物たちをぱぱっと見ることができる未来型動物図鑑がこちら。 Dino walk 結構マイナーな恐竜や生き物ばかりで、楽しい。 祖先とか、進化とか、そういった話題が出たらぜひ試しておきたいアプリです。 先日、娘に「ママのママのママのママのママのママのママのママのママのママのママのママのママのママのママって誰だったの?」と聞かれたので、とりあえず『サル!』と答えてからこのアプリを見せてみました。 「じゃ、サルのママのママのママのママはクラゲだったかもしれないよね」と言っていたので、なんとなくわかってくれたのかもしれません。 ただぼーっと見ているだけでも動物博士になれますよ☆ おすすめ!
もっと読む

子供用英語タブレット「リープパッド」各種を比較。買うならどれ?

こんばんは、庭師すずめです。 子供用の英語タブレット「リープパッド」を購入する前に、色々と調べていたのですが とにかく日本語の情報が少なかったので、現行機種をまとめてみました。 大人が使うタブレットはいくらでもあるのですが 子供が使いやすく(操作が簡単)、安全で(ペアレンタルコントロールの充実)、教育効果が高い(知育系ソフトの充実。特に英語!)タブレットを選ぶなら、個人的にはこれらのリープパッドがイチオシです。 0:リープパッドは大きく分けて3種類 現在販売されている中で、主流なのは以下の三種類です。 リープフロッグ エピック(LeapFrog Epic) リープパッド プラチナ/ウルトラ(Leap Pad Platinum/Ultra) リープパッド3 1:リープフロッグ エピック まず、最新機種はこちらの「リープフロッグ エピック」。 家電は新しいものがいいだろうという思い込みで、よく調べずに勢いで購入しました。 7インチのタブレットなので、画面サイズはiPad miniよりちょっと小さいくらいでしょうか。 ホーム画面がこれまでのリープパッドとは異なり、設定された年齢に応じて使いやすいように変更できます。 ストレージは16GBですが、MicroSDのスロットがついているので32GBまで拡張できます。 他機種と比べて、大きな特徴は以下3点。 Androidタブレットなので、リープパッド用以外のアプリが利用可能。 ゲームカートリッジ用のスロットが無いため、既にカートリッジで持っているゲームが使用できない。 対応ソフトが他より少ない。 まず、1に関してですが、Amazon.com(米国版)のアプリストア等を通してアプリを購入&ダウンロードすることが可能です。(日本のamazonやGoogle Playの設定もトライしてみたのですが、やり方の問題なのか現状できていません) つまり、Oxford Reeding Treeのアプリなどを入れて、ORTも一緒に持ち歩けちゃうわけです。元々ORT用のタブレットを探していたので、これは嬉しい!しかも他にも安価で英語を読み上げてくれるe-BOOKなどが選びたい放題! ただし設定が少し必要なので、これはまた別記事で書こうと思います。 2に関しては、これまでのリープパッドを持っていて、新しいものが欲しいなーと思っている方には大問題。…というのも、これまで購入したカートリッジのソフトが使えない上に、ディズニーやクリフォード、セサミなどの米国限定ソフトは、現在国内からダウンロードが困難な状況だからです。 おそらく権利関係の問題?なのか、LeapFrogのappセンター購入画面で、購入に進むことができません。これは痛い。 国内でディズニー系のソフトをダウンロードするには、代行サービスを利用するしかなさそうです。まあ、appセンターがセールを頻発しているので、代行通してもカートリッジを買うよりはお安く済むのですが…。 3に関しては、これから改善があるかもしれませんが、旧リープパッドで対応していたe-BOOKなどが、まだ一部非対応となっており、ダウンロードできません。ソフィアの本読みたかったのにな…。 カートリッジを持ち運ぶのが面倒だなーという方や、新規でリープパッドを購入する方で、英語で設定をカスタマイズするのに抵抗が無い方には、おすすめのタブレットです。 タブレットのスペックはこちらからどうぞ。 2:リープパッド プラチナ/ウルトラ こちらもエピックと同じ7インチタブレットですが、ホーム画面はこれまでのリープパッドと同じ、iPad風のアイコンがずらーっと並んでいます。 このタイプの最新機種は「プラチナ」なのですが、国内では「ウルトラ」の方が未だ人気のようです。 …というのも、プラチナとウルトラは性能が殆ど変わりません。 プラチナの方が若干処理が早く、本体も軽くなっているのですが、大差ない上に、バッテリーはウルトラの方が持ちますし、値段もお安いので、子供用に買うならウルトラで十分だと思います。 欲しいゲームのカートリッジを購入し、挿せば使えますので(もちろんダウンロードも可能ですが)、細かい設定に自信がないという方にはこちらがおススメです。 ストレージは8GBですが、各種ゲームがそんなに容量を食わないので、あまり気にならないかもしれません。 タブレットのスペックはこちらから。 3:リープパッド3 こちらは上記二つとは異なり、5インチのタブレットです。 画面が大分小さいので、タブレットというよりはゲーム機に近い感覚でしょうか。 小さい分軽いので、荷物はできるだけコンパクトに抑えたいという方向きかもしれません。 ただ、小さいので操作性には欠けます。 値段もあまり安くないので、個人的にはあまりおススメしません。 語順を並べ替えたりするゲームだと、アルファベット表記がかなり小さくなってしまうんじゃないかな…。 ストレージは4GBですが、処理速度はプラチナと同じですので、限られたゲームを手軽に楽しみたい方向けかもしれません。 4:結論。現時点でのおススメはウルトラかエピック。 トータルで考えると、英語での設定が面倒でなく、新規購入ならエピック。 細かい設定に自信がないか、これまでに購入したカートリッジも生かしたいならウルトラが現時点ではおススメです。 正直、子供はどれでも楽しんでくれると思います。
もっと読む
- Advertisement -

Most Recent