Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
おうち英語 | おうちまなび

無料で英語かけ流し!子供と聞きたいPodcast

おうち英語に英語のかけ流しはかかせませんね。 まずは英語のCDを買ってきて…という面倒なことをしなくていいのが、現代のいいところ。 寝る前、車の中などで、お子さんと一緒に聞きたい、無料のpodcastをご紹介します。 どれも子供向けで読むスピードもゆっくりですので、初心者さんの英語の勉強にも向いています。 Podcastの再生にはiTunesかStitcherが便利です。 1:little stories tiny people http://www.littlestoriestinypeople.com/ たくさんのやさしいオリジナルストーリーが聞けます。 長いものもありますが、基本的には5~15分程度です。 サイトからも、podcastでも聞けますので、ぜひ一度お試しあれ! 2:Dream Big http://dreambigpodcast.com/ わずか7歳のEVAちゃんと、ママが毎回起業家や、アスリート、作家などの著名人にインタビューするpodcastです。 子供ならではのまっすぐな目線で、大人に堂々と質問する姿は、英語学習という枠を超えてお子さんによい影響を与えてくれると思います。 時々動画もありますので、ぜひチェックしてみてください。 3:Story time https://bedtime.fm/storytime 寝る前にぴったりの20分以内の短いストーリーを読み聞かせてくれます。 対象年齢は2歳から13歳と幅広いのですが、各話の対象年齢がDescriptionに書かれていますので、ストーリーを選ぶ際の参考にしてください。 4:What if world http://www.whatifworldpodcast.com/episodes/ もしマンモスが生きていたら? もしサメに足があったら? もし忍者と海賊がイスを取り合ったら? などなど、楽しい「what if」の世界をのぞけるpodcastです。 こちらも1話20分前後ですので、おやすみ前の楽しいかけ流しタイムにいいかもしれません。 5:Story Pirates http://www.storypirates.com/ 子供たちが描いたストーリーを、プロがオモシロおかしく演じちゃえ! という、おてて絵本がグレードアップしたようなコンテンツがこちら。 Podcastだけではなく、動画やワークショップなど多方面に展開してます。 ぜひ一度試してほしい! 楽しいことが大好きなお子さんは、きっとハマります。 https://youtu.be/94xswhGuBeE
もっと読む

Tokyo global gatewayレビュー!持ち物・当日の流れ・対象年齢などまとめ

テーマは「東京で留学体験」! 開園する前から一般予約が殺到し、7月に予約を取ろうとしたら、最短でも11月の予約しか取れなかった「Tokyo global gateway」がいよいよ青海でオープンしました。 オープンに伴い予約枠が拡充され、5歳年中の娘と「英語で体験する5つの生活シーン」に参加してきましたので、持ち物・体験の流れなど、できることや感想などをまとめてお伝えいたします。 1.「Tokyo global gateway」ってなに? Tokyo global gateway(以後TGG)は、東京都教育委員会と株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAYが運営する、体験型の英語学習施設です。 簡単に言ってしまえば、キッザニアの英語デーのように、実際のお店のようなシチュエーションで、海外の方と英会話をすることができます。 ただ、キッザニアと違うのは、あくまで教育委員会が運営する英語「学習」施設ですので、子供が喜ぶような遊園地的な要素はほぼありません。 あくまでも、本物のお店のような場所で、先生と一対一で英会話ができるだけ、なのですが、つまらないかというと…子供も親も楽しかったです。 何より先生(クラークと呼ばれていました)たちの質が、本当に高いんです。 ただ会話をするだけなのに、子供たちが楽しめるように全力のオーバーアクションで工夫して取り組んで下さいましたので、最初は慣れない環境に対する戸惑いと不安で泣き出した子もいたのですが、終わるころにはみんな笑顔で先生とハイタッチしていました。 キッザニアは英語デーといっても、アルバイトの日本人のお姉さんがカタカナ発音で話しかけているだけ…というアトラクションもありますので、 「英語も体験できる、楽しい遊園地に行きたい!」場合は「キッザニア」を。 「様々な国のネイティブスピーカーと英語の練習をしたい!」場合は「TGG」を選ぶと良いと思います。 2.予約方法、対象年齢、持ち物は? 予約は公式サイト(https://tokyo-global-gateway.com/personal/reservation/)より行えます。 基本的に平日は学校(団体)のみでしか利用できないため、週末一般で予約するには、このサイトで予約するしかありません。 人気のコースはすぐに埋まってしまいますので、ぜひメルマガを登録しておきましょう。 予約枠が拡充されると、メールでお知らせが来ることもあります。 対象年齢はコースごとに異なりますが、おそらく当面メインのコースとなる「英語で体験する5つの生活シーン」は、メイン対象が「小学生」となっていましたが、それ以下でも参加することが可能です。(特に年齢を証明する必要はありません) 実際に会場にも未就学児(4~5歳くらい)から、小学校高学年の子までが揃っていました。 キッズルームがあるという話も聞いていたのですが、当日特に案内もなく、小さな子が廊下で退屈している様子もみられましたので、小さいごきょうだいがいらっしゃる方は預けていらした方がよいかもしれません。 保護者待機用のカフェで時間をつぶす、という方法もありますが、体験時間が2時間ほどありますので、あまりに小さいお子さんですと待ちきれないかもしれません。 持ち物は特に必要ありませんし、服装も気にする必要はありませんが、カフェにも軽食の販売などはありませんので、必要があれば持ち込んだ方が良いです。1Fカフェのみ飲食可能です。 3.当日の流れ(「英語で体験する5つの生活シーン」) 1.受付 ここから先は「英語で体験する5つの生活シーン」の流れを説明します。 まずは、受付でネームカードとパスポートを貰います。 館内はオールイングリッシュと聞いていたのですが、この受付は日本語です。 正直ちょっと期待しすぎたか…?という印象がありました。 オールイングリッシュなら、受付から英語で対応してほしかったな…というのが個人的な意見です。 そして、日本語の案内で会議室のような待機所へ。 参加するまでにサイトを見てとても期待していたのですが、ちょっと雲行きの怪しさを感じ始めました。 受付で渡されたネームカードに、名前を記入し、希望レベルのシールをはります。 赤いシールを貼るか、緑のシールを貼るかで、店員さんからの問いかけレベルを調整してもらいます。 アクティビティ中に変更も可能だそうですので、好きな方を選んでください。 2.ガイダンス内容 いよいよ海外の先生が登場し、説明会のはじまりです。 ババーン! めっちゃ日本語の、しかもパワーポイントのダサイ資料!!さすが教育委員会。。 オールイングリッシュはどこへやら(笑) 散々あちこちで「新しいタイプの体験型英語学習!」と宣伝されていたので、楽しみにしていたのですが、このあたりでちょっと心構えが変わりました。 近所にちょっと本格的な英語塾が出来たんだってー。行ってみよう!くらいの感覚でいいかもしれません。 あ、ガイダンスはもちろん英語ですし、先生のお話はとても面白かったので、ご心配なく。 重要事項の説明のみ、日本の方に変わって、日本語で説明、という流れでした。 小さいお子さんもいますので、これが最善だと思います。 資料のデザインくらいは外注してほしいところですが…。 3.タイムスケジュール タイムスケジュールはこんな感じです。 ガイダンスの中で、近くに座ったお友達に英語で話しかけたり、簡単な英語のあいさつなどの練習もあります。 4.アトラクションの流れ アトラクションの流れは上の図の通りです。 全部で9つのアトラクションがありますが、その中で好きなものを5つ選んで体験できます…という話だったのですが、この日は空いていたのか、時間内ならいくつでも何回でも体験してよい、という話でした。 (空港のみ各1回ずつ) 娘はのんびり回って9個全部+2個再チャレンジで、合計11個体験できたので、大分お得感がありました。 基本的に、アトラクションは入り口で、トランプのようにミッションカードを1枚引いてはじまります。 そのカードにはミッションが記されていますので(例:ブラシを買おう、ハンバーガーを注文しよう、など)そのミッションをクリアするとスタンプがもらえます。 尚、お店で購入したものは出口で回収されるので、キッザニアのように持ち帰ることはできません。 親はキッザニア同様お店の外から子供のやりとりを見守るのですが、「もう1000円料金あげていいし、おもちゃでもいいから、記念に買ったものを持たせてくれればいいのに…」と言っていて、正にその通りだな、と思いました。 子供の楽しみはといえばスタンプを集めること、だけなのですが、先生方が子供を見かけると「Hey!」「 スタンプもう三つも集めたの!?すごいね!!」と、めっちゃハイテンションで声をかけて褒めてくれますので、まだ5歳の娘はその会話だけで楽しかったようです。 4.どんなお店があるの?何を聞かれるの? 体験できるお店は9つ。 薬局、旅行代理店、ファーストフード店、病院、ホテル、マーケット、お土産屋さん 、レストラン、空港です。 空港のみ出発時間が決まっているため、その時間までに並んでいなければいけません。 人数制限もあります。 1.薬局 アトラクションエリアの最初にある「薬局」。 会話する場所が奥で、親からは内容が聞き取れないのですが、娘の話によると 「ブラシ」や「絆創膏」を買ってくるお題が出ていたそうです。 いずれのお店も、実際に購入する前に手前にいるサポーターが「何を言えばよいか」教えてくれて、一緒に練習します。 言えるようになったら、店員役のところに行って、自分のカードに書かれたもの依頼します。 何を言うか忘れてしまっても、サポーターがきちんとサポートしてくれますので安心です。 2.旅行代理店 旅行代理店、と聞くと難しそうですが、どうやら8つの観光アクティビティの中で自分がやりたいものを4つ選んで伝える、という内容のようでした。 遠目からなので正確ではありませんが、「Dolphin」「museum」「shopping」「fishing」などの選択肢があるようです。 3:ファストフード店 とってもオシャレなハンバーガーショップ。 ハンバーガーやポテト、ドリンクなどを頼むようです。 4.病院 ちょっと難易度が上がってきました。 病院です。どこが痛いのか、伝えます。 医師役の方に診察室のような場所で、診察ごっこもしてもらえます。 5.ホテル 豪華な内装のホテルで、自分の部屋の予約をします。 娘はめっちゃでっかい部屋を頼んだようですが、料金大丈夫かな…。 6.マーケット キオスクのような小さな商店で、チョコバーなどを頼んだようです。 ここは保護者が一番近くにいられますので、保護者と離れるのが心配なお子様はマーケットからチャレンジしてみるのもいいかもしれません。 7.空港のお土産屋さん ANAが協賛しているからか、空港関連施設が二つあります。 一つがこちらのお土産屋さん。 どんな色の、何が、いくつ欲しいかを聞かれていました。 8.空港 キッザニア同様、ANAの空港があります。 こちらの空港だけは、奥の別室に移動するため、フライト時間が決まっています。 この日は各回10人ずつ、と定員が決まっていましたので、どうしてもやりたい!という方は一番最初に一番奥の空港まで来てしまうといいと思います。 ちなみに行先のJFKとは「John F. Kennedy International Airport」の略で、ニューヨークの国際空港です。 9.レストラン 一番使うであろう施設なのに、なぜか一番奥の隅っこにあるのがこちらのレストラン。 パスタの種類、ドリンク、サラダ、サイドメニューなどを選ぶそうです。 時間が無い場合は、ファーストフード店かこちらか、どちらかだけでよいと思います。 まとめ 子供たちが楽しい英語体験をしている間、大人は子供の様子を見守りながら写真を撮ることもできますし、1Fのカフェで休んで待っていることもできます。 でも、カフェに立ち寄っていられる方はほとんど見られませんでした。 それは手が空いている講師の方が、親にもたくさん話しかけてくださるからです。 こちらから尋ねなくても、一度ちょこっと話しただけの子供の顔と親を覚えていてくださり 「あの子はとてもフレンドリーね」とか 「単語の発音が思い出せないときも、ちょっと教えるとすぐにピンと来て話出しました」とか 「次はこういう練習をしてくるといいと思う」などフィードバックを丁寧に返してくださいます。 16か国から来た100人以上の先生方がいらっしゃるそうですので、ぜひTGGを訪れて、親子で英語をしゃべる体験を楽しんでみてください。 お土産はスタンプだけ、と言いましたが、子供が頑張った証はきっと良い思い出と子供の自信につながると思います。 同じお店に二回挑戦すると、二個のスタンプがもらえます。 赤丸のTGGというハンコは、お店以外の場所で先生に話しかけると貰えるスタンプです。 ぜひたーくさんのスタンプが集まるように、親子で挑戦してみてください!  
もっと読む

体を動かすゲームで英語を覚えよう!

手あそびや、かくれんぼに、おにごっこ… 子どもたちはとにかく体を動かすことが大好きですよね。 大好きな遊びを英語でやれば、効果抜群! おうちや、学校などで簡単にできる「英語ゲーム」にチャレンジしてみてはいかが? でもどんな遊びをすればいいの? と、悩んだときにはこちらの本がオススメ。 「みんな英語が大好きになる 楽しい!英語でアクティビティ―」 頭・かた・ひざ・ぽん!などのような簡単な手遊びから グループでできるものなど、27個の英語アクティビティが載っています。 イラストもシンプルでわかりやすい! 親御さんだけではなく、英語の塾でも使えそうです。 あとはアルクの 「英語の先生応援サイト」もチェックしてみましょう。 会話例も載っていますので、そのまま毎日の英語のよびかけに使えそうです。 まだ小さいお子さんは、前置詞を体で覚える、以下2つの手遊びからチャレンジしてみてはいかがでしょうか? https://www.youtube.com/watch?v=LkWK85Lsoqs https://www.youtube.com/watch?v=TrgTPA2jwMg どちらもユニークで楽しいですよ☆
もっと読む

3歳までの「おうち英語&日本語 おすすめ教材」まとめ

英語育児をされている親御さんに、ひとつ質問です。 英語は、お得意ですか? 私は、すっかり忘れました。 高校のころまでは割と得意だったはずですが、大学4年間、まったく何もしなかったがために、きれいさっぱり忘れ去りました。 もはや中学生レベルの疑問文すら怪しいです。 でも、親が忘れていようがいまいが、今どきの子供には保育園から英語教育がはじまっています。 教えられない、じゃすまされない。 …というわけで、できない親なりに、あっちこっちの英語教材に手を出し 四苦八苦してきたわけですが…そろそろその過程すら忘れそうになっているので これまで我が子を実験台にやってきたことをまとめてみました。 あくまで一例ですが、日本語&英語をどうやって教えていこうか、悩んでいる親御さんのご参考までに…。
もっと読む

無料でもOK!子どもにフォニックスを教える方法まとめ

こんばんは、庭師すずめです。 今日はおうち英語に欠かせない「フォニックス」のお話です。 フォニックスの学習に、高い教材は要りません。 5000円くらい予算が組めればベストですが、もちろん無料でもOK。 よくフォニックスを学ぶために「ワールドワイドキッズ」を買われる方がいらっしゃいますが、フォニックスを学ぶだけなら、数千円で済みます^^ ご購入前にぜひお試しあれ! フォニックスを習得できれば、子どもでも初見の単語が読めるようになるので、英語の絵本を自分で読むことができるようになります。 ぜひ親子でチャレンジしてみましょう。 0:フォニックスって何? いわゆるアブクドゥ読みで読みのことで、「A」を「エー」ではなく 単語で発音するときの「ア」という呼び方で覚えます。 「B」は「ブ」、「ow」は「アウ」・・・というように、読み方をそのまま覚えていきます。 アメリカではアルファベット読みよりも先に、こちらの読み方を子どもに教えるんだとか。 単語の最後に来る「e」は「サイレントe」として、発音しない(例外あり)など いくつかの読み方ルールがあります。 1:アルファベットのフォニックス読みを覚えよう! まず、考えるよりも先に、各アルファベットのフォニックス読みを覚えちゃいましょう。 フォニックス読みを覚えるなら、断然オススメなのがこちらのDVD。 当ブログで何回も紹介しているカエルちゃんたちのDVDです。 〇Letter Factory  例えばAは、モンスターが出てきてびっくりしたときの叫び声と同じ「アー!!」という音。 というように、子どもが好きそうなドタバタ劇を交えながら、各アルファベットのフォニックス読みを教えてくれます。 お子さんと一緒に、叫んだり、震えたり、キックしたり、からだを動かしながら楽しく覚えちゃいましょう。 Fは「フ」「フ」といいながら、キャラクターが飛べるようになりますので お子さんが真似をして「フ」と言えたら、高い高いの要領で抱っこして飛んでいる真似をさせてあげると、喜びますよ☆ 1500円程度で買えますが、リージョンフリーのプレイヤーが必要です。 お持ちでない方は、こちらの動画がオススメ Dave and Ava /The Phonics Song https://youtu.be/KThdffor42g かわいいDave and Avaと一緒に、フォニックスが学べます。 Youtubeでは「Phonics song」などと検索すると、たくさんのフォニックス学習動画が出てきますので、ぜひお試しあれ! 2:フォニックスに詳しくなりたい!と思ったら(このステップは飛ばしても可) フォニックスをもっと知りたい!と思った方にオススメなのがこちら。 松香フォニックスの「フォニックスチャンツ」というDVDに、フォニックスの基本的なルールがぎゅっと詰まっています。 https://www.mpi-j.co.jp/c/02/1518/ サンプル動画はこちら。 https://www.youtube.com/watch?v=BdCUUegak1I シンプルな作りなので、お子さんがハマるかどうかは微妙ですが、親が一度見ておくと、フォニックスを教えやすいです。 2000円前後。とっても手頃な価格で、フォニックスに詳しくなれます。 無料でフォニックスルールを調べたい方は、以下のサイトがオススメ。 http://mymeet-up.com/?cat=20 フォニックスのルールが全部掲載されています。 発音方法ものっているので、英語が苦手な親御さんはチェック! リープフロッグのTalking Words Factoryもぜひ! カエルちゃんたちの続編DVDです。 こちらもサイレントEや、母音が2つくっついたときの発音などを学ぶことができます。 3:Flashカードで復習&復習! フォニックス読みをいくつか覚えたら、ぜひフラッシュカードをはじめましょう。 以下のサイトで100枚以上のフォニックスのFlashカードがダウンロードできます。 しかも無料!「Click Here」を押して、メールアドレスを入力するだけでダウンロードできます。 this Reading mama https://thisreadingmama.com/mega-pack-free-phonics-cards/ このサイトには膨大な量のお役立ちコンテンツがありますので、ぜひ活用してください。 4:さあ、お子さんと一緒に英語の本を読んでみましょう! この段階までくれば、お子さんはもうきっと一人で簡単な英文を読むことができるハズ☆ 最初は以下のような、ごく簡単なリーダーがオススメです。 Sight Word Readers(幼児さん向け。1冊8ページ前後) Oxford Reading Tree『Read With Biff, Chip And Kipper』(オチや迷路、クイズなど、子どもが楽しめる工夫がいっぱい!イギリスの英語の教科書です) I can read My Firstシリーズ(特にBiscuitとPete the...
もっと読む

さわって動く!生き物のしくみ図鑑「タイニーボップの哺乳類」がスゴイ!

生き物の体って、とても不思議です。 人間は酸素を吸って、二酸化炭素を出して…ということを知識として教えることはできても、小さい子供たちにそのイメージを伝えることは絵本では難しいかもしれません。 でも、子供たちはとっても知りたがり。 猫は爪を出したり、ひっこめたりできるんだよ、と教えても、なんで?どうやって?という質問が何度も返ってきます。 そんな時には「タイニーボップの哺乳類」の出番! https://youtu.be/AY9uweW-fto 哺乳類の生態、骨格、筋肉、などを触って実感することができる、不思議な図鑑なんです。 見た目はちょっと怖い?のですが、例えばこの口のところに草やバナナを持っていくと、食べ物が歯ですりつぶされて、胃に入り、小腸大腸を経て排出される様子を目で見て知ることができます。 ゾウは草食なので、お肉をあげると怒ります。 心臓の動きも見ることができます。 下のような図をクリックすると、虎が走り出して、心臓の動きが早くなり、血流も盛んになることを知ることができます。 あとは骨格を知ることができるパズルや、いろんな動物の視力でカメラを通して自分の部屋を見ることが出来たり、動物たちの速さレースが出来たり…と、楽しい工夫がいっぱい! ゲームとしては少し物足りないのですが、図鑑としては素晴らしい出来! 設定から、全表記を英語にすることもできますので、英語の勉強にもなります。 「生きものになれる展」に行った方はぜひお試しあれ! 動物大好きなお子さんと、図鑑を触りながら色々話してみましょう。
もっと読む

英語で話すAIロボ「Musio X(ミュージオ)」が、お得に買えるクーポンはコチラ!

こんなもの欲しいな…と思っていた商品が、去年ソフトバンクから出ていました。 これまでかわいいロボットといえば、個人的に「ロビ」一択だったのですが、 この子もウォーリーの彼女っぽくて、なんだかかわいい。 Musio X(ミュージオ X) この子、何がスゴイって、英語で会話してくれるAIロボなのです。 イメージはこちらから。 https://youtu.be/0MMa-uxFdYo あら、かわいい。 お値段は10円万前後と、かわいらしくないけれど、ロビよりはお買い得。 肝心の音声の認識があまり早くないのと、正面液晶に表示される文例などが小さくてちょっと読みにくいことを除けば、流行りのスマートスピーカーより楽しくて役立つおもちゃになってくれるかもしれません。 AIなので、例えば「How are you?」と尋ねても、色々な回答を出してくれるようです。 このフォルムならきっと小さなお子さんも飛びついてくれるので、せめて文例にはフリガナがほしかったなぁ…。 英語で語りかけをしたいけれど、英語が苦手、という親御さんにはぴったりかもしれません。 先日「教育ITソリューション」に行った際にクーポンが配布されていました。 下記サイトで購入される際に「EDIX」と入力すると、18年5月31日まで15%オフで購入できるそうです。 教材つきの方なら、19200円割引になるので、狙ってた方はお試しあれ! ちょっと高いなぁ…という方は、Google home miniを英語設定にして使えば、1万円以下で同じようなことができる…気もします。
もっと読む

3歳からできる英語クイズ「Grandma’s Trunk Alphabet Game」がAmazonでセール!

Amazonのサイバーマンデーで懐かしいものを見つけたのでご紹介! その名も「おばあちゃんのトランク」こと「Grandma's Trunk Alphabet Game」 各アルファベットからはじまるイラストが描かれたかるたのような取り札と 三つのヒントからなるWhat am I?と書かれた読み札が入っています。 とてもシンプルな英文ですので、クイズ大好き!な子供なら、あっという間に答えがわかるようになります。 3歳さんくらいからおススメ。 我が家も娘がハマっていて、今でも時々パパと競争しています。 慣れたら読み札にはない別のヒントを考えて出題してあげると、より楽しめます。 ぜひこの機会にお試しあれ!
もっと読む

おうちで友達と!英語グループレッスン「LEARNie」が楽しい

オンラインで英語が学べるスクールはたくさんあるけど どれにしよう? と、悩んだら一度試してみたいのがLEARNie https://youtu.be/WJm0UE68iNg マンツーマンで英語を学ぶのであれば、DMMなどたくさんのスクールがありますが、こちらは珍しいグループレッスン形式です。 一人で先生の問題に答えていくのは退屈…。 自分から英語でトークする力を付けたい! と、いうときにはお友達の力が効果的です。 ただ、下のお子さんが小さかったり、お母さんが忙しいと習い事に通うのは大変ですので、こうしたスクールを積極的に利用してみるといいかもしれません。 先生も毎回同じ先生ですので、進度に合わせてサポートしてもらえます。 オンライン英会話はいい先生に出会えるかどうかがカギですので、ぜひいろんなスクールを試してみてください。 対象は小学生さんから。 初回は2回まで無料体験できるらしいので、ぜひお試しあれ!
もっと読む

リトル・アインシュタイン

四人の子供たちが「ロケット」という宇宙船に乗って、絵画の世界を冒険する(?)お話。 毎回クラシック音楽もテーマになっています。 おなじみのあの名曲に子供らしい歌詞がついていて、一緒に歌えたり クラップなどで主人公たちを応援することができるので楽しい! tsutayaなどでもレンタルされているので、DVD派の方にもおすすめ。 (副音声で英語を選択できます)
もっと読む
- Advertisement -

Most Recent