Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
英語絵本 | おうちまなび

体を動かすゲームで英語を覚えよう!

手あそびや、かくれんぼに、おにごっこ… 子どもたちはとにかく体を動かすことが大好きですよね。 大好きな遊びを英語でやれば、効果抜群! おうちや、学校などで簡単にできる「英語ゲーム」にチャレンジしてみてはいかが? でもどんな遊びをすればいいの? と、悩んだときにはこちらの本がオススメ。 「みんな英語が大好きになる 楽しい!英語でアクティビティ―」 頭・かた・ひざ・ぽん!などのような簡単な手遊びから グループでできるものなど、27個の英語アクティビティが載っています。 イラストもシンプルでわかりやすい! 親御さんだけではなく、英語の塾でも使えそうです。 あとはアルクの 「英語の先生応援サイト」もチェックしてみましょう。 会話例も載っていますので、そのまま毎日の英語のよびかけに使えそうです。 まだ小さいお子さんは、前置詞を体で覚える、以下2つの手遊びからチャレンジしてみてはいかがでしょうか? https://www.youtube.com/watch?v=LkWK85Lsoqs https://www.youtube.com/watch?v=TrgTPA2jwMg どちらもユニークで楽しいですよ☆
もっと読む

「I Can Read」シリーズ

3歳くらいになると、普段の学習量により、英語能力に差が出始めてきます。 日本語・英語共に本を自分で読めるようになりたいのなら、リーダー系の多読がおススメ。 会話優先ならORTから始めるのがいいとおもいますが、読みに重点をおくなら「I Can Read」シリーズも文字が少ないのでおススメです。 難易度別に分かれていますので、最初は「My First Reading」から読んでみましょう。 面白いことが大好きなお子さんには、アメリカで大人気の「Pete the Cat」がウケます。 かわいさ優先なら「Biscuit」シリーズが男女ともに定番。 CDは付属していませんが、これから先の多読をCDに頼るともったいないので ぜひ、親御さんも英語で本を読み聞かせることにチャレンジしてみてください。
もっと読む

First Little Readers Guided Reading Level A

Brand Newシリーズと同じく、薄いペーパーバックが25冊程度入っています。 難易度も低いので、Sight Word Readersの次に読むのにおススメ。
もっと読む

幼児から!子供と一緒に英語のニュースを読もう「Time for Kids」

英語の学習にとっても役立つのが、英語のニュースサイト。 でもうちの子にはまだ早いかも…と思うことなかれ。 「Time for Kids」のK-1レベルなら、幼児さんでもわかる面白いニュースがいっぱい! トップページの「K-1」「2」「3-4」「5-6」のなかで好きな難易度を選ぶと その年齢に応じた英語のニュースを読むことが出来ます。 さすがTIME誌のサイトだけあって、写真がどれも秀逸。 タブレットで見てもいいですし、プリントして毎日の家庭学習や絵本の時間にちょっと読んであげると、知識の幅も広がります。 大人向けではVoAやNews in levelsがオススメ! どちらも簡単な英語で、最新ニュースを読んでくれます。 VoaのEnglishレッスン動画はどれも大きな字幕付きで分かりやすいので、一から英語をやり直したい方にもいいですよ☆ お子さんと一緒に、パパママも英語好きになっちゃいましょう!
もっと読む

Oxford Reading Tree

イギリスの約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書です。 最初はごく簡単な一文から始まり、難易度別に10のステージに分類されています。 話にきちんとオチもあったりして、大人も子供も楽しめます。 全部で400冊以上あるんだとか。 Kipperたちのシリーズが大人気。 値段が高めなイメージがありましたが、安いシリーズも出てきました。 特に33冊シリーズは、欧米の家庭で英語を教えるために開発されたオリジナルシリーズですので、おススメ!最初はO xford Owlで無料のeBookを試してみるといいかもしれません。 アプリもあります。
もっと読む

父の日の前にThank youの練習をしちゃおう☆「The Thank You Book」

来月は父の日がありますね! 父の日の前に、こんな絵本で「Thank you」の練習はいかが? ★The Thank You Book  https://www.youtube.com/watch?v=Vq-PStmuyB8 はい。まだ続いているんです。 親子でMo Willemsブームが。 英語の絵本はたくさんありますが、会話文だけでできている本って、意外と無いんですよね。 EllephantやPegionのシリーズは、ナレーターや状況説明が存在せず、漫画のようにぽんぽん会話だけが飛び交うので、日常会話に使える表現を、シンプルに覚えることができて、とってもおすすめ! と、いうわけで今回もEllephantシリーズを使った、おうち英語講座です。 お好きな方は以下解説をどうぞ〜! <あらすじ> 普段お世話になっているみんなに「ありがとう!」を言うことに決めたPeggie。 リスやヘビやピジョンに「ありがとう!」を言って、とってもハッピーに! でも、誰か忘れてない?とGerald。 ねずみや鳥やくじらや、みんなみんなみーーんなに言ったつもりだけど… さあ、Peggieが感謝を忘れているのは、一体誰でしょう? ******** 動物がい〜っぱい!でてきます。 "So are you" "anytime"など、いろいろな「どういたしまして」の表現にもご注目! "Anytime"も"Thank you!"に対するお返事になるんですね! ★こんな語りかけを試してみよう!★ お話を読み終わった後、「Who do you want to thank?(誰にありがとうって言いたい?)」とお子さんに聞いてみましょう! 他にも  Who do you want to tell "thank you" to? (誰に「ありがとう」と言いたい?)  Who are you thankful for? (誰に感謝している?) という表現があるそうです。 お子さんは  「I...
もっと読む

次の英語絵本は何にしようか迷ったら「The Storytime Family」

次の英語の絵本は何にしようかな? 新しい絵本をコツコツ探している時間もないし…と、思っていたところで出会いました。 The Story time Family シンプルに絵本を読み聞かせるだけの動画なんですが、これがいい! 絵本のチョイスが、オシャレで素敵です。 次に読みたいのはこの絵本。 https://youtu.be/36AqMX5uua4 うさぎかな?それともアヒル? だんだんどっちにも見えてきちゃう、ユニークでかわいらしい絵本です。 絵本探しに悩んだら、ぜひごらんあれ! 実際に本を買った後に、英語での読み聞かせの練習にも使えます。
もっと読む

Brand New Readers

1冊8ページほどのペーパーバックが10冊ほど入っています。 オチもシンプルでわかりやすいので、Sight Word Readersの次はこちらを読んでみるといいかもしれません。
もっと読む

象と子豚の英語ショートコント!「Elephant and piggie」

娘がDon't let the pegionシリーズにハマったので 同じMo Willemsの「Elephant and piggie」も衝動買いしてみました。 内容はいたってシンプルで、真面目なゾウGeraldと、楽天家のコブタちゃんPeggieのショートコントです(笑) シリーズ25冊くらいあるらしいんですが、どれもすっとぼけた会話形式の短編で、60ページくらいあるはずが、3歳の娘でもサクッと読めてしまいます。 娘が一番好きなのは↑の、コブタちゃんがなぜか突然「空を飛ぶ!」と言い出すお話。 もちろん常識人なGeraldには、豚が飛べるもんか、と言われてしまうのですが…Peggie、見事に飛んじゃいます。どうやって飛んだのかは…ぜひ本をご覧あれ! https://youtu.be/G-n_RBKjh1w 元セサミストリートの脚本家さん作ということで、絵本というより、漫画に近いかもしれません。 amazonでお安く買えますし、立ち読みもできるので、面白いことが大好きなお子さんはぜひお試しあれ!
もっと読む

CTP Learn to read

ORTと並んで人気なのが、こちらで紹介されているCTP。 どちらが好きかは好みによりますが、ORTよりは安いので、ジャンル別に短いお話を多読したい人におススメ。 画やキャラクターが本ごとに異なり、当たりハズレが結構あります。
もっと読む
- Advertisement -

Most Recent