Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/120min/www/navi/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
本 | おうちまなび

音読がニガテ・キライな子でも楽しめちゃう!「えがない えほん」

最近は「うんこドリル」などの、下品なユニークな絵本が大人気ですが こちらもその一つ。 特に「絵本に興味がない」「音読なんて全く興味がない」といった子ほど楽しめる絵本かもしれません。 えがないえほん 表紙も真っ白で、すごくシンプル。 そう、タイトルの通り、この本には一切絵がありません。 そのかわり、本文がはちゃめちゃにふざけています。 読むときにひとつだけ 「ここに書かれているものは、どんな文もこえにだしてよんでね」 というお約束をします。 でも、書かれている言葉は、子供が大好き、大人は恥ずかしくていいたくない?ような言葉ばかり。 ひらがなが読める子なら、だれでも楽しめますので ぜひ小さいお子さんも一緒にチャレンジしてみてください。 楽しい音読の世界にレッツゴー!
もっと読む

幼児でもさわってわかる!「算数図鑑」

図形が苦手!という方に、ぜひ読んでほしい! 楽しい図鑑をみつけました。 形や立体が触ってわかる「さわって学べる算数図鑑」 これね、すごいです。 立方体とか直方体、円錐などの展開図がついているのですが、↓のように実際に組み立てて立体を作ることができます。 しかも一部は本にくっついたままなので、なくす心配もない! 他にも、↓のように足し算や掛け算を見た目で学ぶことができるので、足し算を始める前の幼児さんにもオススメですよ☆ 算数嫌いの私としては、子供の時にこんな本が欲しかった!
もっと読む

関西弁が面白い絵本♪「ジョン・クラッセン」おすすめ3冊

ありそうであまりなかった、関西弁訳の絵本! 今日はちょっとブラックで、ユーモアあふれるこの3冊をご紹介します。 どれも英文のままでも簡単な絵本ですので、まず日本語で親しんで、その後はぜひ英語版にもチャレンジしてみましょう! 1:サンカクさん 見た目のインパクトからか、1才の弟が、何度も「読んで!」と持ってくる絵本。 ちょっといじわるなサンカクさんが、ともだちのシカクくんをはるばる脅かしに行くお話です。 作戦は成功して、シカクくんはびっくりするけれど 今度はシカクくんが反撃のために、サンカクさんのおうちを訪れて…? いたずらすれば、しかえしされちゃうよ!…という教訓のお話のはずが、あれれ?という展開が待っているのがジョン・クラッセンの面白さ。   2:どこいったん クマさんが、大事な赤い帽子をなくしてしまいます。 いろんな動物たちに、赤い帽子の行方をききますが…みんな「知らない」と首を横に振るばかり。 …あれ?でもいま、あやしい動物がいたよね? 思わずツッコミたくなる一冊。 3:ちがうねん ジョン・クラッセンで一番有名なのが、こちらの絵本。 大きな魚が、小さな可愛い帽子をかぶっていました。 それを見た小さなお魚は、あの帽子は僕にぴったりだ!と、大きな魚からこっそり盗んでしまいます。 すると…? ちょっとブラックなオチがまっていますが、イソップのような面白さがあり、子供に大人気! 軽妙な関西弁が心地よい1冊です。 絵も訳もセンスあふれる絵本を楽しんじゃいましょう!
もっと読む
- Advertisement -

Most Recent