関西弁が面白い絵本♪「ジョン・クラッセン」おすすめ3冊

ありそうであまりなかった、関西弁訳の絵本! 今日はちょっとブラックで、ユーモアあふれるこの3冊をご紹介します。 どれも英文のままでも簡単な絵本ですので、まず日本語で親しんで、その後はぜひ英語版にもチャレンジしてみましょう! 1:サンカクさん 見た目のインパクトからか、1才の弟が、何度も「読んで!」と持ってくる絵本。 ちょっといじわるなサンカクさんが、ともだちのシカクくんをはるばる脅かしに行くお話です。 作戦は成功して、シカクくんはびっくりするけれど 今度はシカクくんが反撃のために、サンカクさんのおうちを訪れて…? いたずらすれば、しかえしされちゃうよ!…という教訓のお話のはずが、あれれ?という展開が待っているのがジョン・クラッセンの面白さ。   2:どこいったん クマさんが、大事な赤い帽子をなくしてしまいます。 いろんな動物たちに、赤い帽子の行方をききますが…みんな「知らない」と首を横に振るばかり。 …あれ?でもいま、あやしい動物がいたよね? 思わずツッコミたくなる一冊。 3:ちがうねん ジョン・クラッセンで一番有名なのが、こちらの絵本。 大きな魚が、小さな可愛い帽子をかぶっていました。 それを見た小さなお魚は、あの帽子は僕にぴったりだ!と、大きな魚からこっそり盗んでしまいます。 すると…? ちょっとブラックなオチがまっていますが、イソップのような面白さがあり、子供に大人気! 軽妙な関西弁が心地よい1冊です。 絵も訳もセンスあふれる絵本を楽しんじゃいましょう!
もっと読む

幼児でもさわってわかる!「算数図鑑」

図形が苦手!という方に、ぜひ読んでほしい! 楽しい図鑑をみつけました。 形や立体が触ってわかる「さわって学べる算数図鑑」 これね、すごいです。 立方体とか直方体、円錐などの展開図がついているのですが、↓のように実際に組み立てて立体を作ることができます。 しかも一部は本にくっついたままなので、なくす心配もない! 他にも、↓のように足し算や掛け算を見た目で学ぶことができるので、足し算を始める前の幼児さんにもオススメですよ☆ 算数嫌いの私としては、子供の時にこんな本が欲しかった!
もっと読む

こどもと読みたい図鑑たち!

最近我が家では、図鑑ブームが来ています。 重くて長くて読みにくい…そんな先入観を覆す、子供たちがハマった、おススメ図鑑がこちら! ●まどあけずかん  タイトルの通り、子供が大好きな「しかけ付き」の図鑑です。 それも、ただしかけをめくるだけではなく 「タツノオトシゴのメスとオスってどうちがう?」のようにクイズ形式になってます。 ぺらりとめくれば、答えがわかりやすく図解されているという…なんとも素晴らしい絵本! 幼児さんがいるご家庭はぜひ揃えてください! 男の子には「のりもの」も大人気☆ 最近、しかけ絵本ブームなのか こんな絵本もありました。 うごかす! めくる! 宇宙 とっても大きくて読みやすいので、宇宙好きの小学生さんにおススメです。 それからこちらは、クイズが大好きなお子さんとぜひ挑戦してみてほしい! ●くらべる図鑑クイズブック  普通の漫画本よりやや小さいハンドサイズですので、お出かけ先でもクイズ大会が開けます。 世界で一番高い建物は?とか 世界で一番重い生き物は? 下をべろーんって伸ばして、食べ物に巻き付けて食べる動物は?とかとか。 動物だけじゃなくて、いろんなものを比較できる4択クイズがぎっしり詰まっています。 ↓デザインもみやすくてかわいいですよ。    
もっと読む
- Advertisement -

Most Recent