都内のあちこちでポスターをみかける大人気イベント
「生き物になれる展」に行ってみました。

結論:とにかく楽しい!できれば平日に行くべし!

ポスターでおなじみのダンゴムシになれたり

恐竜に出会えたり(1日3回くらい、2時間おきに出現します。)

運が良ければ、恐竜に食べられたり!

ぽよんぽよんの水の上を走って、バジリスクになってみたり。

ペンギンになって、実在する巨大なサメ(メガロドンだったかな?)に食べられてみたり!

他にも、動物の「におい」を体感できるブースがあったりなど、とにかく盛りだくさん!

大人気のイベントだけあって、休日は激コミで
バジリスクのブースは30分くらい並んで、体験が一瞬で終わってしまう…という話も聞きましたので、できれば平日に行くのがおススメです。

各体験は、並びなおせば何度でも体験できますので
娘は30回以上バジリスクになって、水の上を飛び跳ねていました。

会場の科学未来館の3階には「おやっこひろば」という、小さな子供も遊べるスペースがあります。


ブロックや、人工芝の坂、工作グッズ、チームラボの展示コーナーなどがあり、無料なのにとても楽しいのですが、各回定員制です。

平日はご覧の通りほぼ貸切状態ですが、休日は整理券がすぐになくなってしまうので
おやっこひろばも体験したい!という方は、先にこちらの整理券をキープしてから「生き物になれる展」に行くのもいいかもしれません。

「生き物になれる展」はお台場の日本科学未来館にて。
4月8日まで開催されていますので、動物好きの方はぜひいってみてくださいね!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here